いろいろな老人ホームの種類

バナー

いろいろな老人ホームの種類

老人ホームといっても様々な種類があります。

老人保健施設はリハビリに重点を置いた介護を目的として、医学的な管理のもとでリハビリから介護や看護を受けることが可能です。老人保健施設はリハビリをすることを目的としているので、ほとんどの施設で入所期間は三ヶ月となっています。常に介護が必要だったり、自宅で介護することができない人のために特別養護老人ホームがあります。


特別養護老人ホームでは、介護や食事といった日常生活の介護や健康管理を受けることができます。一ヶ月の施設サービス費が他の施設と比べると低くなっていますが、入所希望者が非常に多く、長期間入所待ちとなってしまう場合もあります。

有料老人ホームは自宅で介護ができない人のための施設ですがこちらの場合は、部屋が全て個室となっています。

また、認知症になってしまった人のためにグループホームという施設もあり、認知症の高齢者の人が共同で生活を行っていく場所で、食事や入浴、介護や支援、機能訓練などを受けることが可能です。

比較的軽度のサービスでも大丈夫という人にはケアハウスがあります。

ケアハウスは、日常生活を自立して送ることが可能な人向けの施設となっています。



ケアハウスは自立できる人が対象となっているので、日常的に介護が必要になってきてしまった場合には、施設での対応が難しくなってしまうので、退去しないといけない場合もあります。

大手小町の最新情報を掲載しました。

自分に合う老人ホームを見つけるためにも資料を取り寄せてみたり、見学や体験入居などを行ってみることがおすすめです。



Copyright (C) 2015 いろいろな老人ホームの種類 All Rights Reserved.